精密板金の加工の工程を手助けるマシンを知ろう

精密板金.com

板金加工に使用するマシン

金属

重要な役割

精密板金を作るにあたって主力のマシンとなるのが、ターレットパンチプレスというマシンです。このマシンは生産量を生み出すものでもあり、工場にとって重要な役割です。金属等に穴を空ける作業をしています。

ランニングコスト削減

特にアルミの加工を得意としているレーザー加工機は高速運転を得意としています。そのことによりランニングコストの負担を抑えられるといったメリットもあります。

立体化させる

板金は大体が平面ですがその形を曲げて、立体化していく工程を担っているマシンがベンダーと呼ばれるものです。精密板金では板を曲げることを得意としているマシンです。

ハイレベルな溶接

ただの溶接ではなく、職人の技が必要とされるTIG溶接での溶接技術。経験の浅い方では難しい作業となるので、経験を積んだ職人がアルミの溶接を行っています。

ゆがみを直す

レベラーとは、ローラが沢山配置されたマシンとなっており、その中に板を通しています。最初に紹介したターレットパンチプレスの工程で反ってしまったものをローラにかけて、ゆがみを直していく特徴を持っています。