業種別で使われている板金について知っていこう

精密板金.com

ジャンルの違う板金加工

精密板金は、様々な用法で技術が進んでいるので加工においても沢山の種類が存在します。一枚の金属の板から切断や穴あけや溶接等の加工を施したものを板金と呼びます。加工によって種類がわかれるので、それを説明しています。

板金について

工場

自動車の傷を修理に使われる

一口に板金といっても、加工によって様々なジャンルが存在するのが特徴の一つです。日頃よく目にする自動車も板金が使われている。自動車の外側が壊れた時に修理で使うのも板金加工が使われています。自動車板金は傷やへこみを直していきます。

電子機器を支える

電子機器を組み立てる際に使われるのもプレス板金の特徴です。これは専用の型を用した、大量生産された板金加工を使用して作りあげられています。身近にあるコンピューター機器類の基盤を支えているのがパーツで使われる板金加工です。

建築にも役立てられている

板金が使われているのは、なにも電子機器だけでなく、建築板金としても使われています。住宅を建築する際の外装を担っているのが建築板金となります。主に屋根や、窓のサッシなどに板金は使われています。

組み合わせた加工

精密板金はプレス板金の用法とは違って、専用の金型を使用しない。治具など多品種から扱って行う板金加工となっています。こちらも、電子機器類の基盤を支えています。