自動車の修理を担う板金業務を知っていこう

精密板金.com

自動車精密板金について

作業員

外側を直していく

事故や衝撃で修理を行なうこと自動車板金と言います。主な流れとしては外板業務から始まり骨格まで傷や衝撃を受けていないところの修理をしてます。外側のパネルを元通りの形状に戻す工程をしています。

内側の損傷を修理

外側の傷だけでは済まずに、内側まで損傷をしている自動車の修理をするのが、フレーム修正といいます。フレームの歪みなどを元の形状に戻せるところまで直していく工程です。

パネル交換

事故などの衝撃や破損がひどく、元の形状に戻すことが難しい場合は、パネルごと新しいものに交換することを取替業務と呼びます。安全性にもかかって、コストの面も考慮されてこの方法を選んでいます。

様々なニーズに応えるために

板金に関わる業務というのは、工具や専用機器だけをしようして行なう業務だと思っている方も多いでしょう。しかし現段階の板金業務では様々なニーズに応えられるように、技術や方法なども変わっていき今に至るのです。