板金で使用される金属について学んで特性を理解しよう

精密板金.com

金属について知ろう

こちらのページでは、板金で利用される主な金属のランキングを特徴や良さなどの説明も含めて紹介しています。他には自動車の板金塗装をする際の業者選びを載せています。

精密板金で利用される金属

no.1

扱いやすい金属

ステンレス板は耐久性になどの機能面に優れているため、よく板金で使われている素材になっています。同じステンレスでもタイプによって、金額や仕上がりに違いが出るようです。どちらも光沢のある特徴があります。

no.2

耐食性が高い

アルミの強度の特徴としてあげられる強度は中くらいですが、腐敗に寄る耐性が高いことがあげられます。加工を加えることを容易に出来ることから、全般的に見ても優れた素材といえます。

no.3

熱や電気を伝導する役割

伸銅品は、銅と銅合金を組み合わせた加工物のひとつです。主に棒状や管状に施された製品になって使われています。電気伝導率が高く、錆に強い特性があることから住宅の屋根材にも多く使われています。

no.4

幅広く活躍

金属は重さがあるものですが、それに比べて軽いという最大の特徴としてあげられるのがエンジニアプラスチックです。他の素材と比べて耐熱性や耐衝撃性に優れ、強度もあることから自動車部品や電子部品まで活用されています。

no.5

色んな良さを持ち合わせている

チタンは軽くて丈夫で強度に優れているうえに、錆びないという特徴をもっています。他の鉄や銅と比べても、海水で試してみてもチタンは圧倒的に錆びにくい金属です。多様な良さを持ち合わせていることから選ばれています。

板金塗装の業者選び

レディ

実際に工場に足を運ぶ

自動車の板金塗装を依頼を自分で行なう時は、電話で問い合わせをして実際に工場に車を持ち込み相談することが大切です。自分の大切な車の修理を依頼するのですから信頼できる業者に頼むべきでしょう。

納期期間の焦りは禁物

自動車を業者に預けたら、納期については完全に板金職人の型に任せることを推奨します。作業は複雑で大事な工程を含んでいるので、焦らせるのは禁物です。修理を完璧にしてもらうためにも、気長に待ちましょう。

関係者のつながりを探そう

自分の身近に自動車関係の仕事に勤めている方がいるなら、一度相談してみるのも良いです。関係者であれば、取り引きなどで板金業者を知っている可能性があるからです。知り合いから探したほうが、安心して任せやすいものです。